店長が無責任すぎて、信じられない!

私は、あるお好み焼き屋の新人バイトでした。
そこのバイトをしたきっかけは、初めは客としてお好み焼きを食べに行ったことから。
店長と話をして、とても気が合ったので始めました。
初めてのバイトだったので、手取り足取り店長に教えていただきました。
約一週間程度で基本的な業務が出来るようになり、買い出し、レジ、配達などを任されるようになってきました。
その頃には店長と色々な話を出来るようになっており、店長からも信頼できるのか、内部事情なども話したりしていました。
ただ、その頃から気になっていたのですが、店長はとてもネガティブでした。
店長は客前でも、今月は厳しい、君の給料を出すので俺はで精いっぱいだ!などと発言するようになり、客も苦笑い。
店長には二人になった時に、そういう発言は従業員がいる時だけにしませんか?などと言うようにしていましたが、店長はその時は、わかったわかったと言うのですが、客が来たらまた繰り返し。
私は、この人大丈夫か?と思いつつ、働いて三か月の月日が経ち、店長は無理なシフトを組むようになりました。
私が難しいと言っても、ゴメン!今週はお願いだから!などと言われ、渋々入ったり。
その次の月は私の誕生日だったので、その日はバイトを休む旨を伝えて月のシフトが記載している紙を提出しました。
しかし、店長はすぐに忘れ、何と誕生日に昼夜私をバイトに入れていました。
店長にすぐに言うも、店長は何とか入れてくれというばかり。
その日は絶対に無理だと言って、他の人に相談し、入っていただきました。
要求をあまりに聞いてもらえないので、バイトを辞めたくなってきたときに事件が起こりました。
ある朝、いつも通りに店に行くと、店長の伝言がホワイトボードに書いてありました。
買い出しに行くと書いてあったので、私は普段通りに仕込み作業や店内清掃、食器洗浄などを終えました。
時間は何時かと見てみると、開店時刻になっていました。
妙だなと思いつつ、店長の買い出しが伸びているのだろうと思いつつ、配達の受付をした後、店長の携帯に電話をするも留守。
何度も掛けたのですが、一切出ず。
店長に仕事中に客は逃すなと言われていたので、お客様には時間をずらして連絡し、その後その料理の仕込みを準備して焼くだけの状態にして店長を呼び出すも留守。
結局お客様にはお断りの電話を入れてしまいました。
店長に怒られてしまうかもしれないとヒヤヒヤしつつも、連絡を待つこと五時間。
一切返答のない店長の携帯に、流石に妙だと思い、交番に相談。
すると、そこで初めて分かったのですが、店長はなんと放浪癖があるようでした。
私は店長のいない店での客の応対で泣きながら謝ったりしていたのが馬鹿らしくなり、次の日に辞表を叩きつけ、給料をもらって帰宅しました。
連絡無しで音信不通になり、客にもバイトにも大迷惑をかける無責任な上司。
あの上司には二度と会いたくありません。